完成品も隣に住む人も見れない新築マンション。完成品を見れて隣に住む人も分かる中古マンション。

新築のマンション。

誰も使っていない、きれいな設備はもちろんのこと、
新しいがゆえの機能的な最新設備など、
新築のマンションはたくさんのメリットがありますよね。

でも、やはり伴ってくるテーマとして、
予算のこと、立地のこと、間取りのこと・・・

今回は、新築マンションを検討する際に、
何から考えてみるとよいのか?
簡単に触れていきたいと思います。

新築マンションを探す

いたってシンプルですが、
インターネットや情報誌(ちらし、折込広告など)で、
予算や立地、間取りなどから候補を絞っていくのがよいでしょう。

あなたの希望にかなり近い物件などは、
資料の請求などもしてみてください。
足を運んで外観などを見てみるのもよいでしょう。

新築マンションは未完成の段階で販売が始まることが多い

新築のマンションは、
未完成の段階で販売が始まっていることが多く、
実際に住みはじめたのを想像しながら、
室内を見学することになりやすい。

中古のマンションは、既に存在しているので、
自分の目で実際に確認できます。

新築マンションと中古のマンションを簡単に比べてみる

新築マンション
【メリット】
誰も使用していない綺麗な設備であること。
多機能な最新設備なども期待できること。
【デメリット】
未完成の段階で購入を決めないといけない(ことが多い)。
場所が特定されるので、希望の立地になるか分からない。
同じマンションにどういう人が住むか分からない。

中古マンション
【メリット】
外観や室内が実際に確認できる。
どういう人が住んでいるか確認できる。
特定の地域に限る必要がなく、選択の幅が拡がる。
【デメリット】
仲介手数料の負担がある。
修繕費用が高めになる。

これ以外にもたくさんあると思いますが、
簡単に比べてみました。

最初に何をすればいい?

あなたや家族にとって、最もメリットが重なるものを、
客観的に分析し、
新築マンションがいいのか?
条件が合えば中古マンションでもいいのか?
これを、あなた自身が「知ること」・・・
これが最も重要で、最初にすべきことなのかもしれません。

あとがき

新築のマンションは、
気密性の高さはもちろん、新しい設備に清潔な室内、
カードキー、
オートバス(ボタン一つで快適お風呂)、
生ゴミディスポーザー(キッチンで生ごみ保管不要になる)、
などが標準設備になっているのもよく目にしますね。

もちろん、設備は最新でなくても、
中古マンションならではの魅力も併存します。

一番大事なのは、ご家族の希望をまとめることなのかもしれませんね。

お問合せは、お気軽に。

過去の投稿へ
一生を左右する(かもしれない)新築住宅探し、スマホだけでやっちゃってないですか?
次の投稿へ
そんなことしちゃって良いの??壁や床の資材(死材)+時間と知恵=なるべくお金を使わないリフォーム!

小冊子プレゼント

プレゼントをもらう!

関連記事

メニュー