A様邸(名取市)新築工事 自然素材の家施工の様子

家づくり

名取市にA様邸の新築工事が着工しました。
1F 15.5坪・2F 15.5坪 延床面積31坪の3LDK総二階住宅です。
リビングある吹抜けとデザイン階段、2階にある多目的広々ホールのあるこだわりの
子育て住宅!


4ヶ月間のこの建物の施工をご覧下さい!

 

地盤調査〜基礎工事

地盤調査の結果軟弱地盤と判明したため、鋼管杭29本を5~6m
打ち込みしました。

基礎工事の開始です。

防湿シートの作業

下からの湿気をこのシートを敷くことで床下の湿気を防ぎます。

 

基礎コンクリート工事の作業開始です。
外周部を型枠で囲い規定の鉄筋でこの家の基礎の骨を作ります。

鉄筋検査後いよいよ土間コンクリトの打設です。

今度は立ち上がり基礎の工程に入ります。

静かにポンプ車で型枠に入れていきます。

一週間の養生期間を過ぎてから型枠を外せば完成です。

ブルーに見えるのは玄関と浴室の断熱材です。

玄関に敷く目的は断熱は勿論ですがタイルが結露しないようにするためと、浴室は建物の外部と判断するためユニットバス自体の断熱材は当社は当てにしていないためです。

基礎工事の完了です。

 

 

上棟しました。

この日を待ちに待ったAさんご家族、この上棟の日を忘れずに!

上棟記念の思い出に家族皆で手形を梁に残しました!

今日の思い出をずーと忘れずにいつまでも仲良し家族でいて下さいね!

 

 

断熱工事真っ最中!

これが羊毛断熱です。

羊の毛で出来た断熱材ですので身体に安心の素材です。

肌触りも良く、湿気も吸ってくれるのでいつも快適な生活が送れます。

しかも脱臭効果が期待されるので生活臭を気にせずお客様をお迎えできます。

 

そしてこれが遮熱シートです。

アルミのシートで建物全体を包むことで太陽からの輻射熱を99%反射させます。

夏涼しくて冬暖かい住宅を実現しました。

 

これは屋根の通気層の写真です。

屋根の暑さ寒さを建物に通さない工夫がされています。

屋根工事完了しました。

ガルバニューム鋼板の屋根の施工です。

太陽の熱を吸収しないようにシルバー色にしたんです。
4月22日(土)・23日(日)の完成見学会に向けて仕上げ工事真っ最中!!


キッチン


リビング


階段


吹抜け

 

仕上げ工事の開始!!

土佐和紙の壁紙を貼り始めました。

和紙は調湿効果も良く、目で感じる優しさがとても心を和らげてくれます。

和紙の種類は20種類もご用意してますのでお気に入りの柄をお選びいただけます。

一番重要視しているのは羊毛断熱材を100%発揮させるために空気を通す和紙を仕様しているのです。

羊毛の効果は前回の日記をもう一度ご覧下さい。

 


沖縄珊瑚の塗り壁です。

珊瑚には調湿効果のほかに脱臭効果があります。

羊毛断熱材とダブルで生活臭を無くしてくれるのでいつも空気が爽やかです。

 

 


玄関前のタイル工事、一枚一枚丁寧に仕上げてくれます。

当社一押しの職人さんです。

 

ちょっとだけ完成した部分をお見せしましょう。


2階吹抜けです。明るいでしょう!

これ、北側なんですよ。


これが外観です。

まだ工事用のドアですが、完成までには本物のドアと交換します。

当社の今までと違う建物でしょう!

出来るだけシンプルにとお施主様の意見を取り入れて設計しました。

4月22日(土)・23日(日)の完成見学会で内部を見に来て下さいね。

 

詳しくはホームページのお知らせをご覧下さい。

 

次の投稿へ
仙台市若林区W様邸新築工事住宅模型でのプレゼン開始!

小冊子プレゼント

プレゼントをもらう!

関連記事

メニュー